• 「ナイスかるて」ログイン
  • 「ナイスかるて」について
  • 住宅事業者様へ
  • ご利用案内
  • お問合わせ
  • お申し込み
  • 資料ダウンロード
  • 既存住宅流通活性化等事業
  • 住宅履歴情報整備委員会
  • 平成22年度木のいえ整備促進事業
  • Get ADOBE READER
  • たてもの株式会社HP

ホーム > 「ナイスかるて」について

「ナイスかるて」について

「ナイスかるて」ご利用のおススメ

たてもの株式会社の「ナイスかるて」は、インターネット上で24時間利用できる住宅履歴情報サービスです。

ご利用の皆様は、簡単な操作で、住まいの履歴情報の閲覧、書き込み、ダウンロードを行うことができます。

●これからの住まいは、住宅履歴情報の整備が不可欠。

住宅履歴情報とは、住宅が新しく建築されてから取り壊されるまでの設計、施工、維持管理、権利関係等に関する情報をいいます。いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修、・リフォーム等を行ったかを記録した、住まいの「履歴書」といえます。

蓄積される住宅履歴情報の例

新築段階 ・新築住宅の建築確認や工事完了検査などの諸手続きのために作成された書類や図面
・住宅性能評価書および住宅性能評価を受けるために作成された書類や図面
・住宅が竣工した時点の建物の状況が記録された各種図面や書類で、竣工までの様々な変更が反映されたもの
維持管理段階 ・住宅の計画的な維持管理に役立つ、点検や修繕の時期および内容の目安となる情報が記載された書類や図面
・住宅の点検や調査・診断、修繕工事、改修・リフォーム工事を行った時に作成・提供される書類、図面、写真

日本の住宅が新築されてから取り壊されるまでの年数は平均約30年と、欧米に比較して短いことが指摘されています。「いい住まいをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック型社会への転換が必要です。また、資産価値を維持し、住まいをいく世代にわたって住み継いでいくためには、定期的な点検や計画的な改修工事などの維持管理が大切です。このため、これからの住宅には、住まいの履歴書・「住宅履歴情報」を整備することが不可欠となります。

住宅履歴情報の具体的な利用例

維持管理 長期修繕計画の作成 資産運用 不動産鑑定業者による建物の評価
定期点検・劣化診断・耐震診断 金融機関による抵当権設定
修繕・改修工事 保険会社による瑕疵担保責任保険の検査

●「ナイスかるて」は、住宅所有者様と住宅事業者様を結ぶネットワークのハブ。

この住宅履歴情報は、住宅所有者様のほか、建設会社、リフォーム会社、不動産販売会社などの多くの住宅事業者様のサポートによって蓄積・活用が可能となります。「ナイスかるて」は、住宅所有者様と多くの住宅事業者様を結ぶネットワークのハブとしてサービスを提供いたします。

■「ナイスかるて サービスの概要」のダウンロード

●「ナイスかるて」システムの特徴

◆ドキュメント管理システム
「ナイスかるて」システムは、米国の有名CADソフトメーカーのドキュメント管理システムをベースに開発しています。

◆簡単操作
ご利用の皆様は、ご自身のパソコンに保存してあるファイルを操作する感覚で、「ナイスかるて」を使うことができます。

例えば、ドラッグ・アンド・ドロップの簡単な操作で、ご自身のパソコンから「ナイスかるて」に住宅履歴情報をアップロードしたり、逆にご自身のパソコンにダウンロードを行うことができます。

◆厳重なセキュリティ管理
住宅所有者様に個別のユーザー名・パスワードを付与して確実なセキュリティを確保しています。住宅の所有者様が変更された場合でもサービスが確実に継承できる仕組みとなっています。

◆将来に向けて安心な蓄積保管システム
さらに、登録された住宅履歴情報は、世界複数ヶ所のサーバーにバックアップされますので、データーの消失のおそれがなく、将来に向けて大変安心です。

◆発展するシステム
「ナイスかるて」は、このドキュメント管理システムを核に、ご利用の皆様に役に立つメニューを開発付加して行く発展型のシステムです。


ページ上部へ